スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご参考になりましたら下のバナーをクリックして下さい!
FC2バナー 人気ブログランキングバナー

パソコンとは:何をもってパソコンなのだろうか!(2)

コンピュータに弱い方も、ソフトウェアに弱い方もいます。
 
 これを公言できる環境が日本的なのだろうなあとよく思います。
 折衝の場で相手に弱みを見せるのと同じだと考える人は、そんなにいませんよね。

 弱くても一向に構わないのですが、折角ですから知らないことに対して、知りたいという意欲が増えてくれれば嬉しいです。

 テレビがなぜ映るかなんて知らないけど使い方は覚えちゃいますよね。
 ところで、コンピュータがとっつきにくいのは何故かを考えると、単一の機能ではないこと、スイッチ類などのインターフェースが複雑なことでしょうね。

 ところで、コンピュータは人類史上最も道具としての目的が抽象的なものだと私は思っていますが、単一の目的のために作られて、もはや何者だかわからなくなるところまで機能が複合してしまったものもあります。
 それは、携帯電話というやつですが、もはや電話という領域にはないのではないでしょうか。

 あれもほとんどコンピュータと同じ域まで来ています。
 そういう認識はあまりされていないとは思いますが。

 さて前回、コンピュータの中には、判断(演算)するものと覚えておく(記憶)するものしかないと書きました。
 正確には、それに人が操作(入力)するものと人に対して結果を出す(出力する)ものを加えた構成ですね。

 それって、コンピュータ以外の電気製品のほとんどのものがそうです。

 いろいろなものになる可能性があって、それのみでは何もできないのがコンピュータです。
 そこを取り持つのがソフトウェアってことになります。

 さて、ソフトウェア・・・一般的にはプログラムを指して言うことが多いです。
 固定的に使われるデータ類もソフトウェアの内でしょう。

 このソフトウェアというものがイメージを取ることができない得体の知れないものと言えるでしょう。
 何せ形はない、動いているところは見えないというものです。

 ソフトウェアのイメージを取るのは大変ですが、基本的にどこかで何かのハードウェアを動かしています。
 そこから間接的にソフトウェアのイメージをおぼろげながら取っていくことは、練習しだいでできるようになることは可能ですが、ほとんど必要ないスキルでしょう。

 ソフトウェアはコンピュータの中の覚えておくものと判断するものの両方に影響します。
 そしてコンピュータが覚えておくものには2種類あります。

 固定的なデータと動作するためのデータです。

 固定的なデータは、言ってみればテレビで言えば何チャンネルは何放送なのかということです。
 動作するためのデータは、言ってみればチャンネルをアップダウンで変えるというボタンは現在何チャンネルを映しているかによって次に映るチャンネルが違いますよね。同じボタンを押しているのに結果は違うわけです。
 現状を判断して、次に映る放送を決めることが動作するためのデータです。

 テレビの中でもこのような判断が行われています。

 これが覚えておくものの中身ということです。

 皆さん意識していなくてもソフトウェアは使っているのです。
 

 今日はこれくらいにしておきますか。


 


ご参考になりましたら下のバナーをクリックして下さい!
FC2バナー 人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

パソコンとは:何をもってパソコンなのだろうか!(1)

あまりにも久しぶりになってしまいました。
 
 最近、パソコンはわからないという人と話をする機会がありました。

 わからないという人はまあ、端的に言えばイメージがない訳ですが何でなのかなあと考えます。

 私とて隅から隅までわかるはずもなく、なんとなくこんな感じという部分がたくさんあります。

 コンピュータは人が使う道具の中で、もっとも目的意識が希薄な道具といえます。
 要するに何にでもなる可能性があるからです。

 CDプレーヤーは何なのかといえば、なんとなくイメージは持てる人は多いですよね。
 パソコンでCDを聞いてもパソコンをCDプレーヤーと呼ばないですよね。
 でも機能は一緒ですよね。

 テレビはなぜ映るのか知らない人は多いでしょうけど、なんとなくこんなものとは思うでしょう。
 パソコンでテレビを見てもテレビとは呼びません。

 つまり汎用性が高すぎて何者かわからないということかもしれませんね。

 そこで、ちょっと抽象度を上げて考えると、パソコンの中身は電源を除けば、演算(判断)する部分と覚えておくもの(データをいれておくもの)しかないわけです。

 すると、電子レンジだろうと、冷蔵庫だろうと、電源以外の加熱とか、冷却とかの専用機能部分以外は、抽象度で言えば同じようなものになってしまいます。
 判断する部分と覚えておく部分を持っているのは同じだからです。

 昔、ワープロという製品がありました。見た目もほとんど変わらないのですがワープロとパソコンは別物です。

 じゃあ、パソコンって何?

 それはソフトウェアと外部接続機器によって何にでもなれる可能性があるものということでしょうか。

 このあたりがパソコンを正体不明のものにしているところなんでしょうね。

 じゃあ、この辺の堀下げを今後していってみるとします。


 


ご参考になりましたら下のバナーをクリックして下さい!
FC2バナー 人気ブログランキングバナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。